株式会社 高桑製作所

TAKAKUWA Industrial Products

menu

新特許技術

New patent technology

職人がたった一枚の板から 創りあげた
初めてのカタチを持つ
「日本酒用の酒器」

熟練職人が従来のヘラシボリ技術をさらに発展させた新技(特許取得)を開発
たった一枚の金属(チタン)板から二重構造の器を成形することに成功しました
不可能といわれていた「初めてのカタチ」は金属板加工の新たな可能性を切り開きました

※ヘラシボリ=素材の金属板を回転させ ロクロで粘土を器にするように立体加工する職人技
詳しくは技術解説へ

*

デザイン

Desigh

「かたくち」と「ぐいのみ」が
上下に重なるスタイル

漆(会津塗)

Japanese traditional lacquer(Aizu lacquer ware)

東 京 × 福 島
ヘ ラ シ ボ リ × 会 津 塗    

   東 京 × 福 島
ヘ ラ シ ボ リ × 会 津 塗

桐箱

Package

モノとヒトの心を繋ぐ

*

「桐箱」「漢字」「落款」でゆるぎない『伝統』『和』を表現
「直線的な漢字フォント」「アルファベット」「円・直線」「濃紺文字」で『現代性』を付加

「伝統的だが新規性がある日本のモノ」を 直感・予感

「伝統的だが新規性がある日本のモノ」を 直感・予感

製品紹介

products

【材質】本体:チタン|底蓋:ポリカーボネート|固定具:ニトリルゴム

受賞歴

Awards

メッセージ

Message

1963年創業の弊社は特殊金属加工ヘラシボリ専門の製造業として
東京・大田区の地で商売を営んでまいりました。
  少人数の職人集団による製品製作で
ものづくり日本の発展に取り組んでおります。

我々の仕事は
『日々磨いた技をこの世界の役に立てる』
という信念でおこなっています。
そこから生まれる喜びに価値があると信じています。
日頃行っていることは 要望通りの製品提供です。
しかし 掲げた信念の中に
『今まで無かったモノを創り出し親しみやすくデザインする』
という夢を宿し続けておりました。
そして唯一無二の技「一枚鉸 (ひとひらしぼり)」を生み出し
Made in Tokyoブランド『高桑製作所』が立ち上がりました。

手にした人が「職人 その仕事・技」それを育んだ「東京・日本」を思い
さらに「日本の歴史・文化・精神」へと想いをひろげられる器
使うことに『よろこび』がある器。
そんな器をつくり続けられるよう精進してまいります。

本製品が新規に取得した産業財産権登録番号

Patent

登録番号 名称
商標登録第5968602号 ひとひらしぼり®
特許第6078723号 へら鉸りによる二重金属部材の製造方法
および、へら鉸り二重金属部材の製造方法により製造した二重金属部材
ならびに、そのためのへら鉸り用金型
意匠登録第1592626号 意匠に係る「一組の酒器セット」
*
商標登録第5968603号 *
TOP